Archive / Life&Journey

RSS feed for this section

TWiTKYo Glaciar Perito Moreno y El Calafate ペリートモレノ氷河とカラファテ

P3141699

 

チリのプエルトナターレスを後にした私達は、

大量のペンギンが見れると言う

同じくチリ側プンタ・アレーナスへ。

 

が、折角ツアーまで申し込んだのにずーと雨風…

結局ここでは久しぶりのサーモンと

ホタテかと思った白身魚を堪能しただけ。

 

次のエルカラファテはアルゼンチン。

行ったり来たりも慣れっこだ。

 

カラファテではキャンプサイトがあったため

安さを優先しそこに寝泊まりしながら、

ペリートモレノ氷河へのツアーを探す。

凄く整備された町並みは調べてみると

現大統領のクリスティーナさんの故郷だから?

だとかw。

 

いざミニトレッキング氷河ツアーへ!

P3131652

ちなみにビッグトレッキングは人気で

2ヶ月待ち。

3時間氷河を歩くそうだが、

ミニは約1時間。

結果それで大満足だった。

遠目で見る氷河はアルゼンチンカラーの

チェレステ(水色)だが

近づくと砂埃で多少汚れていた。

P3141735

説明を聞いていると、

この氷河は上に約50m。

下に100m位続いているそうだ。多分。

それにしてもこんな大きな氷河を前に出来感動した。

自然は凄いな〜と。

P3141756

最後には

お決まりの氷河を削った氷にウィスキーのサービス。

大満足で帰宅。

 

帰りのバスから見えたカラファテの町も綺麗だった。

 

Sucure  BOLIVIA  (スクレ)

コロイコの町からラパスに戻り、

その足でスクレと言う町へ。

 

以前に、

日本語表記がまだ残っているマイクロバスを使っていた所、

ここはボリビアの中では都会な方だが、

自分達の居るツーリスティックな場所は安全。だと思う。

久々にちゃんと値段表時のあるスーパーマーケットもあった。

 

へんてこなのはバスだけでは無く、

Brasilia

も多く見かけた。

IMG_0794

IMG_0793

IMG_0795

しかも大事そうに乗ってたり…

可愛いな!

俺も欲しい。

子供の頃に、

友達の親父さんが時代遅れな車を大事そうに乗っていた事を

思い出した。

Después de mucho tiempo…..

連続写真(2014-08-18 11.46)(コンパイル済み)

カメラを無くし、

カツアゲされながらも、

二人共々、ひとまず田舎へ。

日本語でも発音し易い

タガンガ。(Taganga)

 

次に向かうボゴタはコロンビアの首都。

GoProを探せる事を願います・・・

 

余談ですが、

コロンビア最高です!

Chimba!(すげ〜)

 

Casa de la tía vendedora. (生地売りのおばさん宅)

朝の10時に、隣町 San Juan(サンファン)の

メルカド(市場)で…

 

パナハッチェルで会った、ウィプル売りのおばさんと

簡単な口約束を交わし(多分)、

何て書いてあるか分からないメモを頼りに

ピックアップハイエースで向かうと、

既におばさんは待っていてくれる。

早…

 

いったい、何時からここに居たのだろう?

と考える暇無く、細道をすたすた歩いて行く。

急いでカメラを回しながら向かったおばさん宅は

高台の上にある、立派なお家だった!

ウィプル市場でのあのダレた

小汚い様子からは想像出来ない(失礼)。

 

早速、編みたての生地達が庭に乾かされていた。

わざとらしいな〜…と思っていたら、

編む前の、束になった糸を編み機に掛けていき

手順を丁寧に説明してくれた。

少し疑っていた自分が申し訳ない。

娘さん達も編んだり、縫ったりと手伝っているそうだ。

とても明るく、愉快な工房で逆に?羨ましく思った。

 

最近は天気が少し読める様になって来た。

大きい雲が出始めた頃、

そろそろだなと思い帰ろうと周りを見ると

家族総出のビッグパーティーに。

 

お礼を良い数枚買い物して、村へ戻った。

 

 

asistencia y paisaje Class y mi casa(登校 授業 家)

雨期に入ったそうです…

 

こちらグアテマラはサンペドロで、

湖に、飲まれまくってます!

動けん…

ただ沈没するよりも、グッドアイデアが!

スペイン語だエスパニョ〜ルだ、学校だー

と言う事で、

二週間のスペイン語学校を追加で受講。

やすよ、やすいよ〜

二人で先生一人、

一日3時間、の週5de¥6000  一人。

 

数ある学校の中から、

最初に覗いた SAN PEDRO SPANISH SCHOOL に速攻決めました。

怠け者では?

ありません、

絶景の中授業が受けれるそうでね。

前回のアンティグア(学校によるけど)では暗〜く、

ちょっとした囚人プレーでしたから…

この景色はね〜…

となりました!

画質を上げたら、途中マシーン達がテンパってます…

でも回復したり…

 

ついでに帰ってからの自分らの日常も(宿題 tarea)〜

poco a poco(ちょっとずつ)

Camine…散歩

自分の宿の上の方はどうなってるんだろう?

子供が思いつく様なくだらない疑問に夫婦で行動。

30分の急な坂を上って行くと、

ツーリストに不慣れなグアテマラ人家族と

何時も以上に大きく綺麗なアティトラン湖が見えました。

DCIM100GOPRO DCIM100GOPRO DCIM100GOPRO DCIM100GOPRO DCIM100GOPRO DCIM100GOPRO DCIM100GOPRO

年中お花が咲いています。

Santiago Atitlán.

またまた、3、40分ボートに揺られ

島を右サイド側に攻め、

サンティアゴ・アティトランへ。

日本を出発前に

大阪、田上兄弟から見せてもらった

写真集に出ていた村だ。

確かに、この辺では中々伝わらない

生地への真面目さ、丁寧さに脱帽。

刺繍であんなに細かく、重ね合わせるとは…

動画でも伝わらないのか〜?

嫁は細かい刺繍入りの小さな布を買った。

1Q=¥13で買ったアメリカからの配給着、

デニムのシャツに縫い付けるのだと〜

また次回来るのが楽しみになった。

 

Chichicastenango

DCIM100GOPRO

今居る宿から、

ボート、チキンバス、20人以上乗りのただのハイエースを

乗り継ぎ、この辺最大規模の市場へ。

DCIM100GOPRO

途中トラックに詰め込まれた学生をパシャリしようとしたら

キャーと恥ずかしがられる。

だって、トラックの荷台に…

以上な姿ですぜ!

2、3時間で到着。標高は1965mらしい。

日陰だと普段よりも涼しい。

マーケットは独特のごちゃごちゃ感と、

隣、近所、何処も一緒感で、常に迷子状態…

活気は本当に凄いが、疲れる…

何処を覗いても「へいアミーゴ〜」と言われて、

何かしら挨拶返しての繰り返し。

あからさまにシカトはキツいだろうしw

東京なんかもっと人多かったのに…慣れは怖い…

面白いアイデアを色々探してはいるのだが、

こうも皆同じ様な物作りだとあきらめも少し出る。

織物自体は最初の街に比べ、違うんだろうけどね〜。

市場の売り子さん達も慣れているせいか、

最初のふっかけ値段が…

馬鹿にしているのかと思うほど…

やっぱり作ってるその場に行かないと楽しく無いのかもな〜

と自分は思った!w

DCIM100GOPRO

 

良いなと思った大きなズタ袋。

でも今要らないな〜

嫁がカシオのパクりの更にぱくった時計を購入。

カシオもどうせ偽物。

ローカルの衣裳は男女とも個性的だったな。

DCIM100GOPRO

次行ってみよ〜(いかりや長さん風に〜)