Archive / Éste es nuestro viaje.

RSS feed for this section

Edificio de HENNA en Flores BUENOS AIRES (OKINAWAENCE de JAPONESES)

今お世話になっている、

日本庭園の人からの紹介で

ブエノスアイレス、フローレス地区にある

沖縄からの移住者が所有するビルを見に行って来た。

 

日本で言う所の大きな公民館!ってな感じだろうか。

 

建物自体は天井が高い

アルゼンチンらしい古い建物で、

3階はテラスになっている。

 

ステージや体育館、入り口近辺の

飾り付けは日本らしく白黒の写真(1940.50年代)折り紙やら

富士山の絵に花と沖縄の綺麗な海が印象的だった。

 

多くの日系の方達が通っていた

歴史のある建物に良かったら住んでみないかとお話を頂いた。

なぜなら今は人も少なくなってしまい

半分、廃墟のようになってしまっているのだ。

 

キッチンは一階部分の体育館に繋がった所を使えるのだが、

お風呂が無い・・・。

いや、本当は二階に贅沢過ぎる物が付いているのだが、

壁は崩れ、水も出ない。

 

でも、せっかくのチャンスなので、

少しずつ直しながら住んでみようかと

僕ら家族と友達ケイラで考えている。

 

 

 

TwiTko カパオ vale do capão chapada diamantina.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

Lençois を大満喫した私達は、

そこからさらに北西へ約1時間のVale do capãoへ向かった。

 

長距離バスは近場のPalmeirasまでで

そこで乗り合いトラックで未舗装道路をガタゴトガタゴト・・・

 

どんどん山の中へ入って行き

時計に出る標高も上がっていた。

 

約45分程でちょうど高台に建てられた綺麗な宿へ到着。

 

値段は少し高かったのだが、

抜群の景色。

 

オーナーも親切な人で

ここで取れる野菜や鶏肉はオーガニックなので

とても美味しいと教えてくれた。

 

早速小さな町まで散歩がてら歩いてみると、

なるほど納得たくさんのヒッピーが溜まって酒を飲んでいる。

 

この旅ではこういう場所を沢山見て来た。

さすが皆さん情報通である!

 

都合上2泊しか泊れなかったのだが

最終日にレゲエのパーティーがあると聞いて

出発をギリギリ夜まで延ばして

さくっと見学してこの町を出た。

 

ぜひまた来ようと思う。

もっと時間を作って。

 

 

 

TwiTko シャパーダ・ディアマンチーナ Parque Nacional da Chapada Diamantina

DCIM100GOPRO

Parque Nacional da Chapada Diamantina

 

ブラジル入国当初、

サンパウロ滞在中にはまったく想像も出来なかった景色が目の前に・・・

 

リオでヒッピーの、ちぐさちゃんにお勧めしてもらった国立公園へ。

どうしても長い旅行をしていると

以前行ったところと比べてしまう・・・

 

ここにかんしては「奇跡!」と感じてしまう。

なぜかは分からない。

是非、自分の目で見て感じて欲しい。

 

大自然を目の前に、

最先端技術??なーんて思ってしまった。

 

 

TwiTko 近場の川 em Lençois de Salvador.

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

多分、世界レベルな観光地

Rio de Janeiro をお腹いっぱいで後にしたあとは、

アフリカの血が濃い町Salvadorへ。

 

長距離バスで30時間。

 

 

建物、人の肌の色、食べ物ががらりと変わる。

綺麗な海に褐色の人々がよく映える。

 

なにより自分達がほっと安心出来たのが

同じバスにしかも前の席に偶然座っていた

岡崎ファミリーと奇跡的に再会出来たことだった!

 

インドで生まれた里音ちゃんを連れての

約4年の旅。

自分達にとっては大先輩である!

願いは叶うのです!心の奥から望めば・・・

 

同じ宿に4泊一緒に過ごし

離島の海へ行ったり、

たわいもない話を日本語で話せる。

最高にリラックスした

気を緩められる旅だった!!

 

彼等はイタリアへの飛行機のために北へ

自分達は山を求め内陸へ旅立った。

 

次は何処で再会出来るかな〜

 

と動画が沢山有るはずだったが見つからない。

なので5人だけの思い出と言う事で。

 

次の場所 Lençois(レンソイス)での

おさらい動画で! チャウ!

 

 

TwiTko 夜巡 TraPicheGamBoa.

TraPicheGamBoa

 

とある夜、

グアテマラ在住のカバさんに

オススメしてもらったBARに行って来た。

 

とろけそうな歌声に

歴史のある建物に

品のあるお客さんに達に

美味しいカイピリーニャに酔った。

Rio de janeiro. ヒオ・ジ・ジャネイロ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

延々と畑が続く

のんび〜りして

な〜んにも無い(良い意味で)パラグアイから

大都会のサンパウロへやって来た。

 

サンパウロには南米最大の日系人社会がある。

なので、

食べ物だって日本食いっぱいあるだろう・・・とか

情報も言葉が通じて簡単にもらえそう・・・とか

ブラジル人は陽気らしいからポル語分かんなくても・・・

いくつかはあてはまるけどそうは行かないのがここ南米。

 

サンパウロはビックリする位巨大都市。

人口も沢山居て

物価は日本以上か変わらないぐらい?

あんまり魅力を見つけられないまま時間は経ち

用事待ちもあって約一ヶ月の滞在だった。

(でも動画は無い)

 

日系人の方達の歴史も100年を超えるそうで

3〜4世の人達は日本語も喋らなくなっているそう。

 

そして言葉の壁〜(タイトルで分かる。)

スペイン語と近い!?と聞いていたはずが

スペルは似てるけど発音はフランス語の様に聞こえてくる。

夫婦で惨敗か(何の?)と思っていたが

リオデジャネイロに着いて考えが2周半くらい変わった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず、ここ最高です!!

以上。

 

 

TwiTko catarata del iguazu イグアスの滝

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

残っているアルゼンチンペソを使う

と言う理由で民宿小林に大きな荷物を置かせてもらい

有名な滝の見学へ。

 

滝の近くは、

パラグアイ、アルゼンチン、ブラジルが面しており

出入国を繰り返すためやっやこしい。

 

滝はアルゼンチン側とブラジル側に分かれているのだが

自分達は上に書いた理由からアルゼンチン側へ。

 

パラグアイのシウダー・デル・エステまでは

おんぼろバスでも1時間ちょいなのだが、

ブラジルへの国境がかなりのカオス。

電気街やら洋服屋やらレストラン、お土産物屋が立ち並ぶ。

そして大勢の人。

 

理由な免税の町なのだそうだ。

パラグアイ人は勿論、ブラジル人、アルゼンチン人、

それにツーリストも大勢買い物目当てでやってくると言う。

そのおかげで国境を越えるのに2,3時間も渋滞にはまり。

挙げ句の果てには、

バスの兄ちゃんが歩いて渡った方が早いよと言い出す。

 

早く言えよ〜 苦笑いするしか無い・・・

 

荷物が少なかったのと言うのが不幸中の幸い。

橋を渡りブラジル入国。

 

渡った所からバスを拾って

ブラジルの町を見渡しながらアルゼンチンの

プエルトイグアスへ。

 

久しぶりの観光地だったので

少し疲れたが

滝の見学やボートに乗っての滝行はなかなか楽しかった。

 

 

 

 

それでも、民宿小林に帰って来たときの

ホッとする感じは凄い。

偶然にもその日は

綺麗な夕日の入りと

満月が登って行くシーソーの様な日だった。

 

TwiTko servicio conmemorativo japonesa y Festival de Deportes.

DCIM100GOPRO

8月22、23日(土日)に滞在中の

パラグアイ、イグアスで日本人の方の慰霊祭と

運動会があると言うので参加させて頂いた。

 

慰霊祭が始まる前には

各家庭でお墓を綺麗にしてお供え物をする。

日本のお盆時期の様な光景を見る事が出来た。

 

自分達も日本を出て約1年半

こういった日本の伝統から離れていたので

宿の小林さんのお墓にお参りしながら、

自分達の先祖への感謝も一緒に込めさせてもらった。

 

慰霊祭はちょっと変わっていて

カトリック方式で行われ

神父(司祭)の後に続いて

歌ったり、

十字架がきられたりと

違和感があった。

 

私達はただのツーリストなのだが

同じ日本人として、

先輩方が苦労して日本から移住され(昔は大型フェリーのみ)

こんなに綺麗な田畑を開拓された事に

(山だらけだったそうである)

感謝の気持ちを込めて

拝ませて頂いた。

 

 

 

次の日は運動会!

 

こういった行事に参加するのは、

はて?

何年振りだろうか。

 

ビールとお弁当をごちそうになりながら

駅伝選手を、リレー選手を、綱引きの選手を応援した。

 

婦人会の盆踊り?もなかなか見事で綺麗だった。

 

結果、民宿小林が属している「みたか」チームは

4チーム中最下位…

 

それでもこうやって集まり

わいわい笑顔で騒いで

ちょっと本気で競い合ってる姿は

とても素敵で大事な事では・・・

としみじみ思った。

 

参加させて頂きありがとうございました。