TWiTKYo El Monte Fitz Roy en El Chaltén エルチャルテン フィッツロイ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エルチャルテンに着いた日は

晴れていたものの、かなりの強風。

二人して怯えた。

 

と言うのも、

パイネの強風で中国製のテントはフレームが曲がり、

内側のパーツもほつれが酷かったからだ。

 

鋭く尖ったフィッツロイ山を目の前にして

日帰りハイクも何かな〜

と思いながら

取りあえず激安キャンプ場で考えた。

そこにはまたラスタ兄ちゃん達が沢山。

半分居住している様な色褪せたテントまであり笑った。

笑った罰が当たったのかどんどん天気は崩れて行き雨と

夜には強風。

二日間キッチンとテントの中のみ。

到着三日目にフラフラしながら

駄目もとでテントの修理屋は無いか

アウトドアーショップに訪ねるとSi hay!(ある。)

日本の感覚で

直ぐにでも持って行きたかったのだが

良くやる失敗、

シエスタで営業しておらず。

次の日安宿を探し直し再度リペアー屋へ。

ミシンと生地が押込められた

小さなトレーラーハウスがそれだった!

カッコいい。そこのリンク先

https://www.facebook.com/pages/El-Chalten-Mountain-Repair/506939709341265?sk=photos_stream

修理個所はトータルで7、8カ所。

恐る恐る値段を聞くと意外に安く

ぽっちゃりしたおばさんが天使に見えた。

 

次の宿でも素敵な出会いが有った。

子供と一緒に旅している岡崎ファミリーとの出会いだ。

年も同じくらいで、子供はインドで生まれたそうだ。

日本での接点はあまり無かったが、

インドでの共通の話題等が上がり

盛り上がった。

子供をインドで産み旅を3年続けている…

自分達に取って大きな励みになった!

 

3日間と短い間の楽しい時間を過ごしていると

いつの間にか天気は良好になりテントも復活。

今だ!!とばかりに

三日分の食料調達を済ませ山へ入った。

岡崎ファミリーともここでお別れ…

っと思ったが初日の山の中で偶然再会し、

写真を撮ってお分かれした。

またどこかでの再会を誓って。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

初日は雨もぱらついたが

チャルテンに入って5日待った甲斐も有り

昼間は汗ばむ程。

最高のトレッキングに幕を閉じれた。

 

チャルテンを出発する時には

二人ともなぜか寂しくなってしまい、

また必ず戻ろうと二人で約束した。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA